葉酸欠乏症の原因は?
欠乏症

葉酸欠乏症の原因は?

昔に比べて日本では、『葉酸欠乏症』が深刻な問題として指摘されています。
体格などの発育は良くなりましたが、葉酸不足は長い目で見るとかなり厄介な病気です。

この症状は何故起こり、そしてどのようにすれば対策できるのでしょうか?身近な病気として認識し、正しい知識を身につけましょう。

葉酸は主に野菜に含まれているように、野菜不足が指摘される現代らしい病気がこの症状なのです。
欠乏症になると貧血や疲労感、下痢や味覚障害など日常生活に影響し、さらには妊娠している女性がこの症状を発生させると、赤ちゃんにまで多大な障害をもたらします。

したがって野菜の摂取が効果的なのですが、実はアルコールがお好きな場合、飲むのを控えることでも対策につながります。
お酒は葉酸の吸収を阻害してしまうので、休肝日を作ることはこうした予防のメリットもあるのです。

また、柑橘類の摂取も効果的なのはご存じですか?「野菜はちょっと苦手だけど、柑橘類なら摂取しやすそう!」と思うなら、毎日の食後にデザート感覚で取り入れてみましょう。
そうすれば、美味しく欠乏症を予防できますね。

なお、「野菜も柑橘類もバランス良く摂取するのが難しい!」という人は、サプリメントでの補給を検討してみましょう。
実は野菜や柑橘類を複数購入するよりもコストパフォーマンスに優れており、錠剤タイプなら簡単に飲めるので、続けやすさでも優秀ですね。

ただ、サプリメントの中には化学合成して作られた製品も数多いです。
サプリを摂取して健康になりたいなら、天然素材を使った商品を探してください。
とくに妊婦の方は葉酸が不足しやすい上、お腹の赤ちゃんにも影響するので、良いものを選ぶ価値はあります。

葉酸欠乏症は怖い病気ですが、対策方法は意外とシンプルなので、その気になれば今日からスタートできます。

野菜不足やアルコールの規制はこの欠乏症予防以外の健康維持にも役立つため、少しずつ初めていきましょう。